日本食だけじゃない!アメリカで日本のお菓子が再燃中?

昨今、アメリカを筆頭に、茶道や歌舞伎といった日本文化や、寿司やラーメンなどの日本食が熱を帯びています。ロサンゼルスでも寿司屋をはじめとした日本食のお店を多く見かけます。事実、海外で「日本食レストラン」として扱われている店舗は令和3年から5年にかけて約2割も上昇しており、アジアだけではなく、中南米や欧州でも増加しているとのことです。(参考: 農林水産省、https://www.maff.go.jp/j/press/yusyutu_kokusai/kikaku/231013_12.html、参照日:2024年2月28日)

その中でも最近では、日本のお菓子が頭角を表しています。以前筆者がホームステイをした際も、ホストファミリーがおやつに “コアラのマーチ” を買っているところを目撃したり、日本からのお土産に日本のお菓子を渡した際には喜んですぐに食べてくださったりと、日本のお菓子が海を超えて人々を魅了している様子を目の当たりにしました。そのような日本のお菓子の人気上昇に伴い、なんと日本のお菓子が毎月届くサブスクサービスがじわじわとアメリカで普及し始めているのです。

今回は海外で増加中の日本のお菓子が届くサブスクサービスを紹介したいと思います。

日本のお菓子のサブスクが近年で増加中‼︎

日本のお菓子をアメリカでも食べたいという思いで創業された”Bokksu”は、2015年に創業し2022年には既に100万を超えるBoxが販売されています。また、「日本で経験した幸せをお菓子と共に届けたい」という思いからはじまった “JAPAN CRATE” は自社のHPに加えて5000を超える場所で販売がされており、2023年秋には、BokksuがJAPAN CRATEを買収し、より流通の拡大を図っているとのことです。(参考: Modernretail、https://www.modernretail.co/operations/japanese-snack-startup-bokksu-acquires-competitor-japan-crate/、参照日:2024年2月28日)

 

他方で、「TOKYO TREAT (https://tokyotreat.com/)」というサブスクサービスは、東京生まれの女性が「日本のお菓子や生活について海外の人にももっと日本のスナックを知ってほしい」という思いから2015年よりスタートしたもので、お菓子だけではなく、日本限定のドリンクやラーメンなども含む15~20品もの商品が入ったセットが届くサービスになっています。日本限定の商品がほとんどで、主にコンビニで売っているようなスナック菓子が入っており、品数が最も多い箱となっているそうです。

昨今、頭角を表してきた「Bokksu (https://www.bokksu.com/)」では、せんべいや餅、季節のお菓子の他、お茶やBokksuのオリジナルお菓子もついてきます。行事や祭りで食べられるさまざまな地域のお菓子を中心としたBoxになっており、日本の文化や伝統について知ることができます。また、中身のお菓子についての説明が入っており、原材料や味、どの地域のお菓子なのかなど、それぞれ詳しく説明されています。

他にも、日本の文化に興味を持つ外国人が始めたサブスクサービスで、主に漫画やアニメのファンをターゲットにしている「JAPAN CRATE (https://japancrate.com/)」や、どら焼きなどの和菓子も届く「Sakuraco (https://sakura.co/)」というサブスクサービスも存在します。

「JAPAN CRATE」は、漫画をイメージした箱の中に、スーパーやコンビニに販売されているようなカラフルなスナックや知育菓子、アニメのランダムグッズなどが入っており、漫画やアニメが好きな方に嬉しいBoxになっています。

「Sakuraco」は、せんべいや羊羹やどら焼きといった日本の伝統的なお菓子をお茶と共に楽しむことができます。さらに、日本製の食器もついてくるため、日本の雰囲気を存分に味わうことができます。

いずれのサービスも12ヶ月プランで月々$35.00程度という価格設定です。

 

自分への小さなご褒美!

アメリカの「Little Treat Culture」が日本のお菓子と相性が良い?

アメリカでは2023年夏頃に「Little Treat Culture」という言葉がTikTokで流行しました。これは、仕事を終えた時や気分転換したい時などに、ちょっとしたお菓子やドリンク、$10以下の小物などを買って自分へ小さなご褒美を買って楽しむという文化です。(参考: HUFFPOST、https://www.huffpost.com/entry/little-treat-culture-gone-too-far-therapists_l_65b00b52e4b0d65b024e451d 参照日:2024年2月28日)

TikTokクリエイターの@heyjuliasfriendsは、動画で「ご褒美に$8.40のラテを飲んだが、それはご褒美として買う価値があるものだ」と述べており、多くの人が賛同し、2万回再生されています。コチラ

また、TikToker @jordxnlewis のLittle Treat Cultureに関する動画(コチラ)は62万回再生され、「どこかに行くときはいつでも、何か飲み物を買わなければならない」「特に$10以下のものはカウントしない」といったコメントもあり、Little Treat Cultureが人々にとって必要なものだと考えるひとが多くいることがわかります。

世界の消費者データを記録する巨大プラットフォームStatistaによると、サブスクを含むe-commerceの利用は米国では2028年までの4年間で11%以上も増加すると予想されています。(参考: https://www.statista.com/forecasts/220177/b2c-e-commerce-sales-cagr-forecast-for-selected-countries 参照日: 2024年2月28日) 

今後もアメリカではこのようなサブスクを通して、日本に来れない方でも日本の伝統や食べ物を求めて日本のサブスクへの登録により、日本の伝統や文化について知っていただける機会がさらに広がるかもしれません。日本の文化が世界を魅了し続けていること、海外でのジャパニーズプロダクトの需要はまだまだ勢いを衰えない状態のようです。

Glowkeyでは日系企業様向けに、アメリカに特化した米国開拓支援を行っています。米国でのマーケティングやFDA認証取得など、クライアント様の米国進出を一気通貫でサポートさせていただきます。


アメリカ市場向けPR・マーケティングのご相談は下記よりお問い合わせください。

Picture of Global Door

Global Door

Global Door は米国進出支援事業で日本No.1 を目指す グローバルソリューションサービスです。アメリカ市場に精通した現地スタッフが米国ビジネスに必要な課題を一気通貫支援します。

関連する記事

カリフォルニアの再生エネルギー発電関連システムの設計販売をする企業! サンディエゴ発のエネルギー会社の社長にインタビュー

【インタビューの目的】 こんにちは! Glowkeyの鈴木と申します。 本インタビュー記事は、米国市場にチャレンジしている日本企業の皆さんにインタビューを実施し、進出の裏話や米国市場に対する手応え、今後の目標などを伺うす

Read More »

GLOWKEYは、「グローバル(Global)市場で成長(Grow)する鍵(Key)を磨き続け、私たちがグローバルマーケットの扉の先の案内人になる」という想いから名付けた社名です。

上部へスクロール