身のリフレッシュ、 ウェルネスツーリズムが新たな旅のトレンドに。

近年、アメリカで注目が高まりつつある、ウェルネスツーリズム(Wellness tourism)をご存知でしょうか。

単に観光するのではなく、健康やリラックスを求めて旅行をするアメリカ人が増えつつあります。

 

ウェルネスツーリズム(Wellness tourism)とは、文字通り健康とウェルビーイングに焦点を当てた旅行です。旅先でのスパ、ヨガ、ヘルシーな食事といった心身の健康を促進する活動やプログラムへの参加を通じて、ストレスから解放されリフレッシュをすること、心のバランスを取り戻すことを目的とした旅行です。また、自然との触れ合いも重要な要素の一つです。アメリカではコロナ禍以降、健康志向の人々が増加し、ストレス社会での健康の重要性が再認識されており、そのためウェルネスツーリズムの人気が高まりつつあります。

 

日本人には意外に思われるかもしれませんが、アメリカにも温泉が数多くあり、多くのアメリカ人が温泉を楽しんでいます。筆者はロサンゼルスに住んでいますが、年末年始休暇を利用して、ロサンゼルスから車で2時間ほどのパームスプリングスというスパリゾートを訪れました。パームスプリングスはかつてマリリンモンローの別荘があった場所で、昔から有名な保養所で、多くのホテルに天然の温泉を利用したスパがあり、多くの観光客で賑わっていました。

 

またカリフォルニアはワインで有名ですが、一部のワインリゾートでは、ウェルビーイングに焦点を当てたプログラムを提供しています。例えば、ナパバレーはワインの産地として有名ですが、ワインとウェルビーイングを融合させた施設も増えています。ワインテイスティングの後に、ワインを使用したマッサージやスキンケアの体験ができたり、ワインテイスティングと自然の中でのヨガセッションを組み合わせたプログラムもあります。ワインのポリフェノールや抗酸化物質が含まれたスキンケア製品を使用することで、肌の健康を促進し、リラックス効果を高めることができるそうです。

温泉とワインを組み合わせた施設もあります。筆者は去年、ロサンゼルスから車で3〜4時間ほどのところにあるパソ・ロブレスというワインの産地を訪れました。この街はワインだけでなく温泉地としても有名で、実際に露天風呂の天然温泉に浸かりながらワインテイスティングをすることができました。美しいワイン畑を見ながら温泉に入り、美味しいワインを味わう時間はまさに至福の体験で、リフレッシュにはとてもオススメです。

 

スパリゾートからウェルネスクルーズまで!?

日本などアジアの伝統的なカルチャーが彩るウェルネスの旅、

オリエンタルな要素がアメリカでのウェルネスの基盤に。

 

このようにウェルネスツーリズム(Wellness tourism)の多くはスパリゾートにて行われています。例をあげると、アリゾナ州の砂漠の真ん中にある「キャニオンランチ」というスパリゾートは、アメリカで最も有名なウェルネスリゾートで、ヨガなどの様々なプログラムが楽しめます。他にも、ロサンゼルスを出発しクルーズ中にフィットネスクラスやスパトリートメントが楽しめるユニークなウェルネスクルーズもあります。

 

アメリカでもスパ(温泉)やヨガが人気であることから分かるように、ウェルネスツーリズム(Wellness tourism)と日本をはじめとするアジアの伝統的なカルチャーの間には深い関連性があります。ヨガやスパだけでなく、またアジアの伝統的な食事や、医食同源といった価値観はウェルネス食として注目されています。アジアの食事はヴィーガンやベジタリアン向けの選択肢が豊富なことでも注目されています。アメリカのスーパーに行くと、豆腐や海藻を使った商品をよく見ることができます。発酵食品であるキムチや納豆、味噌なども様々な商品を見ることができ、こうしたアジアの食品が、ウェルネス志向の人々に人気を集めていることがよく分かります。

 

日本文化もウェルネスとの相性はどうでしょうか。茶道や禅の哲学は心の平穏や精神的な健康、自然との調和を重視しています。こうした日本文化はウェルネスとの親和性が高いように思えます。実際にアメリカには日本風のスパリゾートも多くあります。例えばカリフォルニアの高級スパリゾート「Golden Door」は日本風の旅館、庭園を模したスパリゾートで、スパやアーユルヴェーダが楽しめます。日本の伝統的な文化や価値観が、米国の新しいトレンドの中で受け入れられていることは興味深いですね。

このようにアメリカではウェルネスツーリズム(Wellness tourism)の市場が成長しており、日本風のスパ体験やウェルネス食としての日本食など、日本企業が活躍できるチャンスが広がってきているのがよくわかります。弊社Glowkeyはロサンゼルスに本社をおくマーケティング会社で、アメリカのトレンドや動向等をこまめに発信しております。アメリカでのビジネス展開を成功させるための包括的なサポートをアメリカ市場に精通したスタッフが提供させていただきます。アメリカ進出を考えているけれど何から始めて良いかわからない、といった企業様。まずはご相談からお気軽にお問い合わせください。

 

Glowkeyでは日系企業様向けに、アメリカに特化した米国開拓支援を行っています。米国でのマーケティングやFDA認証取得など、クライアント様の米国進出を一気通貫でサポートさせていただきます。


アメリカ市場向けPR・マーケティングのご相談は下記よりお問い合わせください。

Naoki Kinoshita

Naoki Kinoshita

戦略・財務コンサルティングに従事した後に渡米。Glowkeyにて米国進出サポートを行うとともに、リモートでスタートアップの経営企画にも関与。専門は事業計画策定とコーポレートファイナンス。

関連する記事

GLOWKEYは、「グローバル(Global)市場で成長(Grow)する鍵(Key)を磨き続け、私たちがグローバルマーケットの扉の先の案内人になる」という想いから名付けた社名です。

上部へスクロール