SDGsの最前線! アップサイクル食品(Upcycled foods)とは何か?

 アップサイクル食品(Upcycled foods)とは、本来であれば廃棄される食材を活用して、新しく作り出された食品のことです。食品廃棄物を最小限に抑えた持続可能な食品サプライチェーンの形成を目指すコンセプトです。例えば、果物や野菜の皮や食品製造過程の副産物などを活用して、ジャムなどの工食品やサプリメントなどが生産されています。持続可能性や環境に対する意識の強く、食品の生産方法や原材料についての情報を重視する、ミレニアム世代やジェネレーションZといった若い世代から特に注目されています。

 コーヒーの葉から新しいドリンクを作る!?
持続可能なアップサイクル食品を紹介します

多くの企業が米国でアップサイクル食品(Upcycled foods)を提供しています。例えば、ReGrainedはビールのもろみなど醸造過程の副産物からスナックを作り、RIND Snacksは果物の皮からドライフルーツスナックを製造しています。また、Renewal Millは豆腐パルプなどから調味料を生み出し、Wize Monkeyはコーヒーの葉から新たな飲料を製造しています。いずれも食品廃棄物を減らし再利用を重視した取り組みです

日本の「もったいない」文化にも通じる!
アップサイクル食品は日本企業にとってのビジネスチャンスかも?

アップサイクル食品(Upcycled foods)は食品廃棄物を減らし、捨てるかもしれない部位を再利用した食品です。一方で、日本の「もったいない」文化は、資源を無駄にしないことや物を大切にすることを重んじる考え方です。この2つは資源の大切さや無駄を減らすことへの意識を共有しており、持続可能な社会を築くためのアプローチとして共通する側面があります。

日本の伝統的な価値観である「もったいない」文化に共通する価値観が、米国の若い世代を中心にトレンドになっているとは興味深いですね。こうした機会を利用して、米国でのビジネス展開を検討されてはいかがでしょうか。

GlowkeyではマーケティングやFDA認証取得など、クライアント様の米国進出を一気通貫でサポートさせていただきます。

Global Door

Global Door

Global Door は米国進出支援事業で日本No.1 を目指す グローバルソリューションサービスです。アメリカ市場に精通した現地スタッフが米国ビジネスに必要な課題を一気通貫支援します。

関連する記事

GLOWKEYは、「グローバル(Global)市場で成長(Grow)する鍵(Key)を磨き続け、私たちがグローバルマーケットの扉の先の案内人になる」という想いから名付けた社名です。

上部へスクロール